株式会社EasyToneの代表取締役のブログ

レンタルサーバーの運営で最も重要なことは、サーバーの負荷コントロールにあると思います。高負荷状態がサーバーに続くとサーバーへのアクセス速度の著しい低下ととものサーバ機の高温状態が続きます。つまりサーバー機の寿命も想定よりも短くなります。このことはサーバー管理で最も大きなもんだになります。高負荷状態のサーバーを放置するということは、ユーザ様からの苦情でサーバーの評価が大きく低下します。それと共にサーバー機器障害の可能性が高まるのです。高負荷状態から機器障害へ発展するという最悪のシナリオとなるわけです。レンタルサーバーの運営は常に負荷のコントロールを行い、高負荷とならないように余裕をもった運営が結果として低コスト化と安定運営をもたらすのです。我々は、「格安レンタルサーバーのサーバー博士」を運営し、より安定で低価格なサービスを行っております。また、サポートにおいてもお客様の信頼関係を重視しております。サポートによる安心感は、低価格レンタルサーバーにも必須です。低価格でサポートを充実させる方法としてもやはりサーバーは常に安定しているということが重要です。高負荷状態や、サーバー場外が頻発するサーバーにおいてサポートを行うような余裕は無くなるからです。いくらサポートに投資しても障害対応に追われていては何の意味もなにいのです。サーバー機器の障害をゼロにすることは不可能ですが、障害が発生した時にも代替サーバへのバックアップデータによるリストアがスムーズに行える体制さえ整えていればユーザ様の被害も最小限に抑えることが可能であるとともに、それまでのサポートとの信頼関係がここで多くな差となって表れるのです。

コメント

コメントする